建築実例

photo

愛媛県/Y様邸

ママ友たちを招いて
子どもたちと賑やかに
お菓子作りを楽しむ休日

photo

左から、セキスイハイム中四国(株) 愛媛支社営業部 石川雅明さん、Y様ご夫妻とご長男・ご次男

タイプ パルフェJX
家族構成 4人家族(ご主人・奥様)(お子様2人)
1F床面積 64.05㎡(19.37坪)
2F床面積 58.43㎡(17.68坪)
延床面積 122.48㎡(37.05坪)
設備機器 快適エアリー、オール電化 タイル外壁(レジデンスタイル・プレシャスホワイト)

photo

間取り

photo

キッチン、ダイニング、リビングが緩やかに繋がる空間。

家族も来客も笑顔になるオープンなLDK

とある休日の午後。玄関のチャイムが鳴り、幼い子連れのママたちが、次々とY様邸を訪れます。今日は、奥様がママ友と子どもたちを招いてのお茶会。以前からお菓子作りをお友達に教えたり、ご主人のお母様が営むカフェでスイーツ作りを手伝ったりするほど、お料理が得意な奥様。昨年、新築したこの住まいでも、手作りのお菓子でゲストをもてなしたいと、キッチンには広い作業スペースやお菓子専門の冷蔵庫を設けました。
この日のおもてなしメニューである、ボックスクッキーとサワーチェリーのフランがテーブルに並ぶと、いっせいに歓声が上がりました。とりわけ子どもたちは大喜び。「おいしい!」と顔をほころばせつつ、おしゃべりしたり遊んだり。仕切りのないオープンなLDKでは、思い思いの場所でくつろぎながら、会話が弾みます。LDKを目一杯広く取り、生活の中心にしたいというご希望が叶った住まいです。

  • photo

    「快適なキッチンにいることが増えました」と奥様。

  • photo

    ゲストのお子様たちも、スイーツをうれしそうに運んでくれました。

  • photo

    奥様を中心にお茶会に集まってくれたママ友ファミリー。

photo

いつも美味しい料理を作ってくれる奥様をねぎらって、ご主人が紅茶をサービス。カウンターの高さは90cmと、長身のご主人も使いやすいサイズです。

趣味の合うご夫婦は今後の計画も盛り沢山

LDKにいつも人が集まる家にしたい。そんなライフスタイルを大切にするY様ご夫婦は、インテリアの趣味も共通しています。快適さと美しさを併せ持つ家具を、という観点から、ソファは背の部分がリクライニングできる革張りのもの、ダイニングテーブルはエクステンション機能のついたものをセレクトし、愛用しています。
「ふたりでショッピングに出かけると、好きなものが似ているので、話が盛り上がって楽しい。器を見に行ったりすると、あれもこれも欲しくなってたいへんですが」とおふたりは笑います。目下のところ、気になるのはインドアグリーン。リビングはもちろん、玄関周りにも鉢植えを並べて、緑のある風景を作りたいのだそう。
「近い将来は、リビングに隣接するかたちで、ウッドデッキも作りたいと思っているんです」と語るご主人。さらなる快適な住まいを目指して、楽しい計画は尽きません。

LDKを広くしたぶん個室はコンパクトに

Y様のお子様は、ふたりとも男の子。9歳のご長男と5歳のご次男という、わんぱく盛りの年頃です。2階の子ども部屋は、宿題をするときと寝るときだけの使用と割り切って、コンパクトな作りにしました。案の定、ふたりともほとんどLDKで遊び回るか、外に遊びに出かける時間が多いそう。今のところ、子ども部屋の片方には勉強用に机を置き、もう片方には2段ベッドを置いて、兄弟仲良く過ごしています。

2階には、奥様のご両親が遊びに来る際の客室としても使えるよう、和室もつくりました。最初は、1階のLDKに隣接するプランもあったのですが、LDKのスペースを広くとりたいという希望もあり、2階へ移動。結果、ゆったり落ち着いて過ごせる空間となりました。「僕たちはLDKにいることが多いんですが、たまに来るとミニマルな雰囲気で癒されますね」

photo

2室ある2階の 子ども部屋は、どちらも6畳弱。片方には2段ベッドを置いています。

  • photo

    もう片方の子ども部屋は、普段は勉強スペースですが、お友達が遊びに来ることも。

  • photo

    和室は半畳たたみと吊り収納を取り入れることですっきりさせ、広がりを感じさせる空間に。

photo

リビング奥の壁面は、微妙なグラデーションが味わい深いタイルを採用。間接照明で照らし出されると、いっそう表情豊かに。大きなコーナーソファは、ご主人のお気に入りの場所。

立地も機能も住み心地もすべてに大満足の住まい

Y様邸が建つのは、街中の一等地。大きな通りから1本入ったところに位置する、落ち着きと利便性を兼ね備えた絶好のロケーションです。セキスイハイムの自社分譲地であるこの土地にひと目惚れしたことをきっかけに、ご夫婦のマイホーム計画がスタートしました。
とりわけ家づくりにこだわりのあった奥様は、ご自分で描いた間取りを渡して担当者に相談。その後、打ち合わせは50回近くにも及びましたが、「とても楽しかったです。担当の方々がひとつひとつ丁寧に応対してくださったおかげで、徐々に理想へ近づいていくことができました」
太陽光発電は、既に導入しているご友人からも勧められ、6kW強を搭載しました。夏は売電額がプラスになることも多く、将来的には蓄電池も考えているそう。「住み心地も機能も大満足です」と、うれしそうに声を揃えるおふたりです。

  • photo

    階段の脇にも収納スペースと本棚が。

  • photo

    キッチンの大収納のほか、玄関ホールの正面など、家の随所に収納が充実しています。

    • photo

      外壁は、凹凸のある磁器タイルをセレクト。

    • photo

      玄関ホールの右奥はサニタリー、左手の廊下の奥はLDK。

入居邸見学会のページはこちら

関連実例

  • Facebook
  • 採用情報
  • 商品ラインアップ
  • 展示場ギャラリー
  • ニュースレター
  • 虹色ハイム
  • かげやまモデル
  • 工場見学動画
  • セキスイファミエス
  • 中四国セキスイハイム不動産
  • アパート経営土地活用サイト
  • セキスイハイムにお住まいの方
  • Youtube
  • アミーゴ