建築実例

photo

愛媛県 松山市/T様邸

安全性と経済性に
こだわったスマートな暮らし

photo

ご夫妻と担当の城山(左)。「城山さんと出会ったおかげで構造の強さを第一に考えた家づくりができました」とT様。

タイプ パルフェJX
家族構成 2人家族:ご夫妻
1F床面積 58.00㎡(19.94坪)
2F床面積 52.20㎡(15.79坪)
延床面積 108.20㎡(32.73坪)
機器設備 太陽光発電5.54kW、蓄電池、HEMS、エコキュート、オール電化、快適エアリー、タイル外壁

photo
シックで個性的なボルドーブラック色の外観。外壁のレジデンスタイルは重厚な雰囲気を作り出せるうえに、メンテナンスの手間やコストが掛かりません。

間取り

家づくりの最優先は、地震に強いこと。

松山への移住をきっかけに家づくりを決断。
以前は東京で暮らされていたT様ご夫妻。奥様のお父様の体調不良をきっかけに、将来を考えて、ご夫妻の実家のほぼ中間になる松山市に移住を決められました。当初は賃貸マンションに暮らされていましたが、永住するなら早いうちに家を建てたいと思われました。「展示場に行ったとき、セキスイハイムの外観が気に入り、話を聞こうと入店しました。そこで出会った城山さんが外観やインテリアのことはそっちのけで、家の構造や性能のことを熱心に説明してくれたのです。最初は驚きましたが、おかげで家づくりでいちばん大切なことを改めて認識しました」と奥様。1週間後に見学したオープンハウスも気に入り、すぐにセキスイハイムの分譲地を予約されました。

photo

クレーンで鉄骨ユニットが組み上がる現場。「実際に見て、仕上げる様子に感動しました」とTさん。

阪神大震災を体験したT様。
家族のためにも地震に強い家を。

「僕は大学まで関西で暮らしていて、阪神大震災を経験していますし、東日本大震災もありました。また大きな地震が起こると思うので、耐震性や防災性はとても重要です」とT様。ハイムの工場見学に行ったとき、鉄骨ユニットやボックスラーメン構造に大きな魅力を感じられたそうです。「まず、家族が安心して暮らせる家を建てるのが先決ですよね。ハイムの工場を見て『これしかない』と思いました」

photo

モダンな感じを演出するため、玄関は白いタイルを貼って、すっきりと仕上げました。

立地や環境、住人で
「スマートハイムシティ」を選択。

価値観が近い人たちと暮らしたい。
見学したオープンハウスは「スマートハイムシティ」にありました。整備された街並がたいへん気に入られたそうです。「地震や災害に強い家が並んでいるのは心強いし、価値観の近い住人同士でご近所付き合いができるのがいいですね」とT様。

photo

壁に木調クロスを貼って落ち着いた雰囲気に仕上げたリビング。
天井まで引き戸を開ければ和室とリビングが一体感のあるつながりを生み出します。

友人をきれいな空気でお出むかえ。

T様は「快適エアリー」も装備されました。ご夫妻ともに花粉症をお持ちだそう。「きれいな空気の中で暮らせるのはうれしいです。エアコンとはちがう自然な暖かさがとても快適で、遊びにきた友人たちも驚いていました(笑)」。

photo

快適エアリーの吹き出し口。家じゅうの快適な空気環境をつくります。

これからを考えて、先進の設備を装備。

太陽光発電と蓄電池を装備。売電収入に期待。
これからの日本のエネルギー問題を考えると、住まいの「創エネ」「蓄エネ」はとても大切なキーワード。T様も太陽光発電や蓄電池を装備した方が絶対に経済的であると考えられていました。「この地区は晴れの日が多いのでシミュレーションでは1か月平均1万円の売電収入があるそうです。モニターで発電や売電、買電の状況がひと目でチェックできるので、節約意識も高まりました」。入居してすぐにこれらの設備がお役に立ったそうです。「工事のために電気を止めることになって。しかし蓄電池のおかげで冷蔵庫やテレビなどの家電がそのまま使えたので助かりました。太陽光発電や蓄電池があると災害時にも安心ですよね」。

  • photo

    太陽光発電のモニター。「電気の使用量や発電量がわかるのが、とてもいいですね。料金が高い時間帯の電気は使わないようにしています」とT様。

  • photo

    屋根には5.54kWの太陽光発電システムを搭載。
    フラットな屋根なのでたくさんのパネルを設置する事ができます。

  • photo

    節電に大きな役割を発揮する蓄電池を装備。さらに災害時の停電にも蓄電池があれば安心できます。

インテリアコーディネーターといっしょに。

手持ちの家具を生かしたモダンなインテリアに。
内装を決める際のポイントになったのが、T様ご夫妻が結婚当初からお使いの黒色の家具が映えることでした。ここで登場したのがインテリアコーディネーターの岡田でした。「岡田さんが好みにぴったりの内装を提案してくれました。特に、ラインの入った黒い面材を取り入れたキッチンが気に入っています。空間がトータルコーディネートされてとてもおしゃれだと思います。また、外観も黒色にしました。厚みのあるレジデンスタイル外壁で、ボルドーブラック色を選びシックに仕上げたんですよ」とT様。

  • photo

    手持ちのデスクのサイズに合わせてダイニングの一角にパソコンスペースを設けました。足元にはコンセントをたくさんつけたので機器が増えても便利。

  • photo

    対面式のキッチンカウンターは、手元をすっきりと隠せるように立ち上がりをつけました。

  • photo

    濃いブラウンの床や建具により、落ちついた雰囲気の主寝室。

収納も静けさも間取りも満足。

趣味の多いご夫妻のために、玄関近くにシュークローゼットとは別にゴルフ用品やアウトドア用品をしまえるたたき収納をつくっています。また各部屋や廊下にも大型のクローゼットがあります。
その他、気密性が高いから大音量で音楽が楽しめるし外の音も気にならない、リビングからゆるやかにつながる階段や和室の間取りなど、お気に入りの点がたくさんあるそうです。「まもなく子どもが生まれます。この家での子育てライフがとても楽しみです」と、とても幸せそうなT様ご夫妻でした。

photo

2階の踊り場を利用して洗濯物を干せるスペースを設けました。

  • photo

    主寝室には大型のウォークインクローゼットを設けて、ご夫婦の衣類をすっきり収納できるようにしました。

  • photo

    玄関にはシュークローゼットのほか、ゴルフバッグなどを入れられる大型収納や薄型のクローゼットを設けました。

  • photo

    奥様のリクエストで階段の手すり部分にスリットを入れて、明るく軽やかな印象に。

  • photo

    初めてのお子様が9月に誕生する予定。2方向の窓から光が入る、明るい子ども部屋を用意しました。

入居邸見学会のページはこちら

関連実例

建築実例のトップに戻る

  • Facebook
  • 採用情報
  • 商品ラインアップ
  • 展示場ギャラリー
  • ニュースレター
  • 虹色ハイム
  • かげやまモデル
  • 工場見学動画
  • セキスイファミエス
  • 中四国セキスイハイム不動産
  • アパート経営土地活用サイト
  • セキスイハイムにお住まいの方
  • Youtube
  • アミーゴ