建築実例

photo

広島県庄原市/O様邸

将来を考えた変化自在な
4世代同居も見据えた
2世帯住宅

photo

O様ご一家と営業の米田稔さん(左端)。『サザエさん』のような明るい大家族です。

タイプ ミオーレJX
家族構成 7人家族 : ご夫婦、お子様3人、お母様、お祖母様
1F床面積 153.07㎡(46.3坪)
2F床面積 74.34㎡(22.5坪)
延床面積 227.41㎡(68.8坪)
機器設備 太陽光発電4.44kW・
新空気工房・オール電化

間取り

7人がのびのびと暮らすO様邸。高齢者への気配り、子育てしやすさ、将来設計… すべてを盛り込んだ家づくりは、「不満ゼロの大成功」でした。

被災を経験。やっぱり家は丈夫で安心感がいちばん!
O様は2010年7月、集中豪雨による土石流で自宅を流されるという、辛い体験をされています。「建替にあたり、ハイムの家が最も完成度が高かったこと、営業の米田さんの受け答えが的確で信頼できたことでハイムを選ばれました。迅速な納期も仮住まいの身には魅力的でした」とご主人。

仏間兼客間から行き来する完全分離型

以前はお母様とお祖母様は母屋、ご夫婦と3人のお子様は離れで暮らしでしたが、新しい家は2世帯住居を選択。
従来の生活リズムを崩さないために完全分離型。
「私は中央の廊下で繋がる家を考えていましたが、『廊下だと音が響くから、部屋で繋いだほうがいいです』との米田さんからアドバイスを受けて、中央に仏間を配置したんです」とご主人。

photo

親世帯と子世帯スペースの中間に位置する和室。
プリーツスクリーンのモダンな印象が、違和感無く溶け込みます。

デイサービスが利用しやすい3つのアイデア

お祖母様の介護のため、3つのアイデアが施されています。玄関から廊下に沿って移動が楽になるよう動線を単純化。「キッチンはプライベートな空間だから、介護職員の方が来てもプライバシーが保てるように」と独立型を採用。直接庭へ出られるはきだし窓を設置。そこから車椅子のままデイサービスの駐車スペースに行ける。「万一の川の増水に備えて玄関位置を高くしたため、玄関へのスロープ設置が無理とわかり、このようになりました」。

  • photo

    お母様が使用されている親世帯の台所。
    介護職員の方が来られてもプライバシーが守れる独立型。「使い方を教えてあげられるように」と設備は子世帯と同じ。

  • photo

    お祖母様は右奥のスロープを通って、車椅子のままデイサービスの車に乗り込めます。

  • photo

    奥様が以前から望まれていた対面式キッチン。後片付けをお子様たちもお手伝い。

  • photo

    カウンターデスクはお子様たちが勉強のために使うほか、共有のパソコンが置いてあるので、奥様も使用。

家族のコミュニケーションが自然にとれる工夫

子世帯には、リビングや共有スペースDにカラー畳を敷きました。「ソファなどを置くと狭くなるし、このほうがお客様がたくさん来ても対応しやすいですね。」とご主人。お子様たちは独りで部屋にこもることはなく、いつもみんなでリビングか共有スペースで過ごしているよう。家族の仲の良さが風通しの良い部屋の造りに表れているようです。

  • photo

    リビングにはリラックスできるよう畳が敷かれています。
    飾られているユニホームは、熱烈な広島東洋カープのファンだという奥様のもの。

  • photo

    共有スペースでは、テレビを観たり、本を読んだり、第2のリビングのような憩いの場になっています。

  • photo

    リビングの隅にあるご主人の書斎。1畳ほどですが「集中できるし、タバコもここで吸えるのがいい。
    新空気工房なので匂いも全然こもらない」と大満足。

4世代の同居も見据えた住まい

「子どもが結婚して私たちと同居することも考えて、子ども部屋を将来、LDKにできるような間取りに」と、4世代同居も見据えたO様邸。「家づくりでやり残したことや改善したい点は?」と伺うと「欲しかったものは全部盛り込みました」とご夫妻そろって即答してくださいました。

入居邸見学会のページはこちら

関連実例

  • Facebook
  • 採用情報
  • 商品ラインアップ
  • 展示場ギャラリー
  • ニュースレター
  • 虹色ハイム
  • かげやまモデル
  • 工場見学動画
  • セキスイファミエス
  • 中四国セキスイハイム不動産
  • アパート経営土地活用サイト
  • セキスイハイムにお住まいの方
  • Youtube
  • アミーゴ