建築実例

photo

広島県広島市/W様邸

自宅を減築してアパートを併築
土地と思い出を守りながら
安定収入を確保

photo

お子様の独立にともない、コンパクトな家に建て替えたW様邸。空いたスペースでアパート経営をスタートし、安定収入が見込める資産作りに成功しました。

[自宅]
タイプ パルフェ
家族構成 4人家族(施主様・お母様・お子様お二人)
1F床面積 53.97㎡
2F床面積 47.77㎡
延床面積 101.74㎡(30.78坪)
[アパート]
タイプ レトア
1F床面積 100.22㎡
2F床面積 100.22㎡
延床面積 200.44㎡(60.63坪)
戸数 4戸
設備機器 太陽光発電 9.98kW、タイル外壁

photo

間取り

築15年の自宅を建て替えた理由

W様が最初にセキスイハイムで家を建てられたのは15年前。そのお住まいを建て替えるというご決断をされたのは「主人が残してくれた土地を息子たちに残してやりたい」という思いから。相続税などの対策をする必要があったため、空いた土地でアパート経営ができないものかという相談からとんとん拍子に話が進み、「資産運用セミナー」にもご参加いただいて土地の有効活用を考えた家づくりが始まりました。

家の減築とアパートの新築

W様がお住まいだったご自宅は大きく、広い敷地にゆったりと建っていました。ご夫婦と5人の息子様が住むにはちょうど良かったものの、ご主人様が亡くなり、3人の息子様が独立して家を出られた現在では大き過ぎるようでした。W様は当初、貸していた4台分の駐車場スペースにアパートを建てることをお考えでしたが、セキスイハイムからの提案は「ある程度の収入を見込むにはもっと大きなアパートを建てる必要があること」「それには自宅の場所を敷地の端に移して、コンパクトな家を新築するのがベストだ」ということでした。今回の建て替えは、この提案をW様が受け入れられ実現したものです。

photo

南東角地で広さにも恵まれた敷地。JR広島駅からもほど近く、近隣には学校や病院などの公共施設も整った住宅街です。ファミリー向けのアパートを経営するには、ぴったりの立地でした。南側に自宅とアパート用の駐車場を設けつつ、西側に寄せてコンパクトに自宅を新築し、東側に資産価値のあるアパートを建てました。

コンパクトながら開放的な空間を

新築を機にW様のお母様も同居されることになり、息子様2人とあわせて4人の生活がスタート。「家族4人にふさわしい間取りと広さの家になり、とても暮らしやすくなりました」とW様。以前は広すぎて寒かったお風呂もあたたかく、冷暖房に必要な光熱費も約半分に減ったと喜ばれています。

床の間と炉のある本格的な和室に

2階にはW様と息子様の個室、1階はLDKとお母様の部屋となる和室が誕生しました。和室のふすまを開ければLDKへとつながり、大空間になります。お盆や正月に息子様のご家族が集まっても十分くつろげる広さです。
和室はW様のご要望をとりいれ、随所に工夫をこらした仕様に。お茶の先生をしていたお母様がお茶を点てられる炉や、W様とお母様が長年趣味にしている生け花が飾れる床の間も設けました。

  • photo

    お母様の部屋の和室中央には、お茶を立てる炉を切りました。

  • photo

    十分な広さの玄関を入ってすぐ左側は和室。その奥左側のドアは、LDKに続きます。

充実の収納スペース

和室の畳の下や階段下のスペースも無駄にせず、収納庫として活用した点もポイントです。
2階の個室や廊下にも収納スペースを多く取りました。また、玄関にはお母様のためにスロープを設けるなど、安全面にも配慮しています。

photo

畳一枚分のスペースを使って、畳下に大型収納を設けました。

  • photo

    2階の廊下には本棚にぴったりの薄型クローゼットを設けました。

  • photo

    車いすを使うお母様のために、段差にスロープが掛けらるよう工夫。

愛着ある家の構造材を新しい住まいに

W様にとって以前のお住まいは亡くなった主人様の思い出が詰まった宝物。その家を取り壊すことにためらいも見受けられました。そこで、構造材を再利用することで新しい住まいにもご主人様の思い出を取り込むことにしました。「主人の建ててくれた以前の家の一部が新築に使われていることで、この家により愛着を感じることができました。再利用することでコスト削減にもつながり、気持ちの整理もついて良かった!」とW様。ご主人様が丹精込めて作られた庭も移し、和室の掃き出し窓から眺められるようにしました。

photo

新邸の和室前には、以前の家から亡くなったご主人の思い出深い石や資材を移して、庭を作りました。

photo

床の間を備えた、本格的な和室。木のぬくもりがあふれ、たっぷりと光が入る落ち着きのある空間になりました。窓から思い出のシュロの木が眺められます。

アパート経営も順調です

アパート経営が順調なことも、W様の安心につながっています。立地に恵まれていたこと、セキスイハイムの建物ということで入居者もすぐに決まりました。2LDKの部屋が4室のアパートで家賃は駐車場込み約8万5千円。月々約30万円の収入があり、その中の約20万円がご自宅とアパートのローン返済に充てられています。入居者の募集をはじめ、アパート経営の諸々をセキスイハイムが一括管理。30年間の契約で一定の収入が見込めると喜ばれています。

photo

アパート側の玄関は北側にして入居者とオーナーの程良い距離感を保っている。

住まいながら利益を将来にも

アパートの屋根を利用して太陽光発電も導入。行政の助成金を活用して9.98kWのパネルを設置したことで、売電により月に3万円ほどの収入も生まれました。
「息子たちに家と長期的に安定収入の見込める資産を残すことができて、本当にほっとしています」とW様もひと安心のご様子です。

photo

アパートの屋根を利用して、太陽光発電のパネルを設置。月に約3万円の収入が生まれています。

  • photo

    汚れがつきにくく、高級感あふれる外壁パネル。上品な印象のベージュを選びました。

  • photo

    シックな色合いのタイル外壁と、モダンで機能的なドアが高級感を醸し出す、アパートのエントランス。

入居邸見学会のページはこちら

関連実例

  • Facebook
  • 採用情報
  • 商品ラインアップ
  • 展示場ギャラリー
  • ニュースレター
  • 虹色ハイム
  • かげやまモデル
  • 工場見学動画
  • セキスイファミエス
  • 中四国セキスイハイム不動産
  • アパート経営土地活用サイト
  • セキスイハイムにお住まいの方
  • Youtube
  • アミーゴ