建築実例

photo

岡山県/F様邸

あんなに悩んでいた
湿気と寒さがウソみたい。
ほんと、あったかくて。

photo

Fさまはご夫妻と息子さん二人の四人家族。写真はご次男とお隣に住むおばあさま。

タイプ グランツーユーWS
家族構成 ご主人、奥さま、ご長男、ご次男
1F床面積 70.85㎡(21.47坪)
2F床面積 61.07㎡(18.50坪)
延床面積 131.92㎡(39.97坪)
機器設備 太陽光発電(3.25kW) 空気工房、オール電化

photo

間取り

中国山地に位置する豊かな自然に恵まれた集落にグランツーユーを建てられたFさま。
最高級の住み心地とエコを無理なく叶えています。

故郷に戻って大自然を満喫!しかし自然の厳しさも
大阪からご主人の故郷に戻られ、ご実家の隣に新築されたFさま。豊かな自然を満喫して暮らしておられます。しかし自然は、いつも人間にやさしいだけではありません。 ここ内陸部は、夏は暑く、冬は雪が30~50センチも積もる地域。寒さと湿気にはとくに悩まされていたようです。

「あたたかいから、床暖房は絶対に要りませんよ」

「とにかく冬の寒さを何とかしたくて…、木質系を選びました」と、口をそろえるご夫妻。積雪にも強く、気密性が高い2×6工法のグランツーユーを気に入ってくださったことが、新居づくりの大きな転機に。「床暖房をつけるつもりでしたが、営業の津守さんが『あったかいから絶対要りません』って。
確かにその通りでした!」と奥さま。ご長男のお友達が遊びに来たときも「この家はあたたかい!」と喜んでくれたそう。

photo

部屋ごとに仕切らなくても、暖房をつけなくても、朝から家中が、あったかい。

「空気工房」で、流し下の鍋がサビない、
お砂糖もさらさら

以前は「湿気が多く、結露もすごくて。壁やカーテンにカビが生えることもありました」と奥さま。今では、一年中快適な湿度を保てる空気工房のおかげで「洗濯物は部屋の中で干している方が早く乾くときもあります。外で干すより、カラッと仕上がります」

お部屋の掃除もラクラク!

「照明の傘の上なんて、まだ1回しか掃除していないけど(笑)、ホコリがたまらないんですよ。空気工房のフィルターは、3か月に1回でいいし、掃除がラクですね」とのこと。

photo

「空気工房」の給気口。ここから、新鮮な空気が24時間365日、快適な湿度を保ちながら、室内に送られています。

厳寒の山間部で最上級の住みよさを満喫

以前は、一ヵ月の光熱費は夏で1万5~6千円、冬は2万円ほど。「今は空気工房を24時間つけっぱなしにしても、光熱費はずいぶんと安くなりました」「とくに夏は、太陽光の発電量が多いうえに、冷房効率が良く助かっています」とのこと。
ご親戚が遊びに来られた際は、エアコンが入っていないのに涼しいことに驚いておられたとか。

photo

南向きの屋根に、陽光発電3.25kW搭載。「光熱費がずいぶん安くなった!」と実感しています。

厳寒の山間部で最上級の住みよさを満喫

豊かで厳しい自然に囲まれながら、最先端のエコロジー技術を駆使して、暮らしと環境にやさしい生活を満喫されています。「家の中の空気が爽やかで、高原で暮らしているみたい」とおっしゃる奥さまに、即座に「この地域は、もともと高原だし(笑)」と切り返すご主人。ご家族揃って笑いのたえない快適生活をご満喫されています。

  • photo

    緑の山々に映える、落ち着いたツートンカラーの外観

  • photo

    ご主人が熱望された書斎。「夫婦ケンカしたときは、ここにこもります(笑)」

入居邸見学会のページはこちら

関連実例

  • Facebook
  • 採用情報
  • 商品ラインアップ
  • 展示場ギャラリー
  • ニュースレター
  • 虹色ハイム
  • かげやまモデル
  • 工場見学動画
  • セキスイファミエス
  • 中四国セキスイハイム不動産
  • アパート経営土地活用サイト
  • セキスイハイムにお住まいの方
  • Youtube
  • アミーゴ