建築実例

photo

岡山県/K様邸

光熱費ゼロで家事を楽にする
工夫にあふれた
タイル外壁の美しい木の家

photo K様ご夫妻と、担当の東岡(左)。K様ご夫妻は、東岡さんの接客に親しみと信頼を感じ、家づくりを本格的にスタートされました。

タイプ グランツーユーJX
家族構成 2人家族:ご主人、奥様
1F床面積 64.72㎡(19.58坪)
2F床面積 61.07㎡(18.47坪)
延床面積 125.79㎡(38.05坪)
機器設備 太陽光発電 5.14kW
オール電化、空気工房、
エコキュート、HEMS、タイル外壁

photo

間取り

太陽光発電に強いメーカーの中から
木質住宅を選んだらハイムでした

太陽光発電は絶対に5kW以上搭載したい!
K様ご夫妻が家づくりで一番こだわった点は「太陽光発電を5kW以上搭載すること」でした。そこで、太陽光に強いメーカーを見て回ったお二人は、セキスイハイムの倉敷展示場(鉄骨)にご来展されました。その際、「真夏なのにエアコンなしでも涼しい」と感激されたK様。セキスイハイムの品質をご入居宅見学で確かめてみることにしました。案内され訪れたご入居宅で、K様ご夫妻は、太陽光の性能だけでなくセキスイハイムの高い品質によって室内の快適さが実現できていることを実感されました。さらに、木質住宅のタイル外壁のカッコよさに一目惚れして、セキスイハイムで家づくりすることを決意されました。

photo

K様がハイムを選んだ決め手のひとつが総タイル外壁のカッコ良さです。しかも、少ないメンテナンスで半永久的にきれいな外観を保つことができます。

ユニット工法を活かした大空間のLDKが特徴

共働きのK様ご夫妻は、LDKの居心地と家事動線を考えて間取りを考えられました。1階は広大なLDKと和室。リビング階段に引き戸を設置することでLDKの冷暖房効率を高めています。2階は、主寝室の横にユーティリティを設け、洗濯物を干すスペースとして活用しています。ユーティリティは将来、書斎として使うことも可能です。

photo

K様ご夫妻は、共通の友人をたくさん招きたいと考えて、みんながゆったりくつろげるようなLDKを実現されました。

  • photo

    奥様は「畳の部屋が落ち着くから」、そして、子育て中の友人や先輩から「畳があると安心」と勧められて、和室が絶対に欲しいとご希望されました。

  • photo

    階段下を有効活用した、奥行きのあるトイレ。タンク部分をディスプレイコーナーにして、和のイメージを演出。

  • photo

    お二人とも趣味がスポーツなので、道具などを収納するスペースを充実させています。玄関には、ゴルフのバッグを収納。出かける際、すぐに取り出せて便利です。

ひとつひとつ納得しながら家づくりして良かった

K様ご夫妻は「展示場やご入居宅、工場も見学して、一つずつ納得しながら家を建てられたのが良かった」と話しています。内装やインテリア、照明なども、ネットやブログなどを参考にしながらコーディネーターと相談して選び、キッチンなどのショールームでも細かく質問して仕様などを決めていきました。

photo

キッチンの棚や、リビングのハリなどの色は、K様がもともと持っていらっしゃった食器棚に合わせて、ダークブラウンにコーディネート。玄関やリビングからキッチンの手元が隠せるように、高めのサイドパネルを設置しています。また、子どもが賢く育つためのアイデアを満載した「かげやまモデル」の実邸を見学して、ダイニング脇にカウンターデスクを付けることを決定なさいました。

  • photo

    急な雨でもバルコニーの洗濯物をユーティリティに取り込めるようにと考えられた家事動線。

  • photo

    2階のユーティリティ(約3畳)は洗濯物を干すスペース。階段を上がったときに、洗濯物が見えないように扉を設置しています。ハイムならではの可変性をいかして、将来、書斎が欲しくなったら部屋にすることもできます。

  • photo

    2階主寝室の壁は、一面だけ木目調クロスを張り分けたアクセントウォール。上質な白色と木目の相乗効果により、高いデザイン性と落ち着いた雰囲気が生まれています。

大容量5.14kW太陽光発電の売電収入は
ひと月2万円超

5kW以上の太陽光発電を搭載したK様邸の、ひと月の売電収入は約2万1,000円(3〜5月の平均)。1か月の光熱費の平均が約5,000円なので、毎月の収支が1万6,000円のプラスになっています。特に食器洗浄器の乾燥機能は、タイマーを使って深夜電力を活用。コストも省ける上に、共働きのお二人にとっては寝ている間に家事ができることも大きな魅力だそうです。

  • photo

    2階の子ども部屋2室は、お互いの部屋の物音が気にならないよう配慮して、隣接する部分を収納にしています。勉強に集中できるような環境を今から準備。

  • photo

    ガラスブロックとタイルがアクセントになった、オープンスタイルの外構。コーナーの石柱が和の雰囲気と高級感を演出しています。

  • photo

    自然石を配した和モダンテイストな庭。外壁と同じタイルを外構部分に使用しているので、建物の外観とも見事に調和しています。

入居邸見学会のページはこちら

関連実例

  • Facebook
  • 採用情報
  • 商品ラインアップ
  • 展示場ギャラリー
  • ニュースレター
  • 虹色ハイム
  • かげやまモデル
  • 工場見学動画
  • セキスイファミエス
  • 中四国セキスイハイム不動産
  • アパート経営土地活用サイト
  • セキスイハイムにお住まいの方
  • Youtube
  • アミーゴ