建築実例

photo

岡山県 倉敷市/D様邸

デザインも設備もメンテナンスも
とことんこだわるご夫妻に
応えたのは「新パルフェ」

photo

ご結婚を機に新築されたD様ご夫妻とRSKデシオ展示場の長岡。住まいについてこだわりのあるご夫妻です。

タイプ 新パルフェJX
家族構成 2人家族:ご夫妻
1F床面積 63.85㎡(19.31坪)
2F床面積 56.61㎡(17.12坪)
延床面積 120.46㎡(36.43坪)
機器設備 太陽光発電 5.94kW オール電化、快適エアリー、 エコキュート、タイル外壁

photo

間取り

よくお話をされるご夫婦。展示場めぐり、入居宅見学など、いつも二人で行動しとことん話し合う

D様は同い年、とても仲の良いご夫妻です。セキスイハイムは、お二人でたくさんの鉄骨系ハウスメーカーを見学した中から「ご夫妻にとっての理想の家はどんな家か」、「信じられるメーカーや頼りになる営業マンは誰か」など、じっくりと話し合って決められたそうです。
セキスイハイムを選ぶ決め手になったのは、タイル外壁、太陽光発電など。トータルのバランスがD様にとって最も良かったのがセキスイハイムでした。

photo

帰宅するたび「きれいだな」と感じるシンプルな外観やタイル外壁

ご主人様が最もこだわったのが外観。新パルフェの個性的な外観フォルムやタイル外壁が気に入られたそう。実際のタイルを手にとって見たとき、想像以上の厚さや重厚感に驚かれたそうです。そしてできあがった住まいの外観に大満足。
また、実は少し気になっていたフラットなラインは太陽光発電の効率などを考えると正解だったと感じられたそう。今では帰宅されるたびに「きれいなわが家だな」と思われるそうです。

photo

「新パルフェ」の外壁タイル。品質の高さが住まいの重厚感を醸し出します。将来のメンテナンスの不安も払拭。

白とブラウンを基調にした室内奥様こだわりのグッズが映える

奥様のこだわりはインテリア。「あまりモノを置かない、シンプルな空間に」「色をできるだけ少なくして落ち着いた雰囲気に」という思いがあり、白とブラウンを基調としたモダンな内装にしました。大きな窓、仕切りのない大空間がシンプルな色使いでさらに広々と感じます。
そして内装の色に合わせて家具や家電を選ぶことで、モノを置いてもすっきりとした印象に仕上がっています。

  • photo

    奥様のご要望で、通常より天井を高くしてさらにゆとりの空間を実現。

  • photo

    対面式キッチンに段差のあるカウンターをつけることで、リビング側からの水回りや調理台の目隠しになっています。

リビング横の和室をなくしパソコンコーナーに

D様はご夫妻ともパソコンをよくお使いになられます。日ごろの情報収集のほか、お買い物、インターネットバンキング、そしてもちろんスマートハイム・ナビでの電力使用量のチェックにも活用しています。最初のプランでは2階に書斎をつくり、そこでパソコンを使うように考えていましたが、ご夫妻との話し合いで1階の和室をなくし、代わりにパソコンコーナーにしました。
こだわったのは向きやチェアに座ったときの景色。リビングやキッチンに背を向けるのではなく、リビングに向いて座り、カウンターは家族が見渡せる高さにしました。おかげでパソコンをしている最中でもご夫妻でお話したり、テレビをいっしょに見られたりして家族のつながりを感じるそうです。

photo

ご夫妻自慢のPCコーナー。将来はお子様の勉強コーナーにもなります。

太陽光発電で、夏でも、昼間でも電気代を気にせず使える

ご入居邸見学をされたとき、ご入居者様からよく聞いたのが「太陽光発電」についてでした。メリットをたくさん聞き「だったら大容量にしよう」と、5.94kW の大容量を設置されました。
ご主人様は独身時代、賃貸住宅で電気代、ガス代、水道代などで月々約2.5 万円近くかかっていたそうなのですが、入居4か月経った現在までの電気代は毎月プラス収支。「電気代を気にしないで使えるのがいいです。しかし一方で『マイナスにしないように』と意識したことで、マメに電気を消すようになりました」。

photo

5.94kWの大容量太陽光発電を設置。ランプの色で発電量と消費量の差がわかり、節電に役立ちます。

「快適エアリー」は、実際に使ってみるとメリットが次々出てくる

新パルフェでは「快適エアリー」が1・2階対応となり、D様邸も導入されました。まず感じられたのが「室内の空気が気持ちいい」。セールポイントにもあるように上下階の温度差がなく、間取りを区切る戸を開ければ家中がひとつの大きな空間に感じられます。また、住んでみて初めて気づくメリットがいろいろとあったそうです。
◎ほこりが出にくいからお掃除の回数が減った。
◎エアコンの場合、エアコンの数だけのフィルター掃除が必要。
 「快適エアリー」はフィルターが1 ヶ所に集中している。
◎花粉症が軽くなったよう。
などなど。また外観にこだわるご主人様は「通常家の外に見えるエアコン室外機やホースがないのもいいですね」とおっしゃっています。

photo

2階の「快適エアリー」の吹出口。音が静かでくつろぎや安眠を妨げません。

ウォークインクローゼットと隣接させた広々とした主寝室

シンプルな空間がお好みのお二人の寝室もやはりすっきり大空間。色を抑えたインテリアや間接照明でくつろげる工夫がいっぱいです。ウォークインクローゼットを隣接させることで家具も必要ありません。

  • photo

    ご夫妻の主寝室。くつろぎの演出のために、床の色を他の部屋よりも濃い茶色にしました。間接照明でさらにリラックスできます。

  • photo

    主寝室に隣接したウォークインクローゼット。「モノを置かない暮らし」のため、収納スペースを広くとっています。

壁で仕切らず、家族の「今」を大切にした2階間取り

2階にはもうひとつの大空間があります。将来、お子様のための部屋ですが、あえて間仕切り壁はつくりませんでした。お二人家族のうちは、ここを第二のリビングとして使ったり、ご両親様やお友達が泊まられる部屋として広い方が良いという判断からでした。実際、ご主人様のご両親様はこの家を見たとき「きれいで広い!」と子供のようにはしゃがれたそうです。

photo

将来の子ども部屋。現在は二人家族のため仕切りはまだ設けていません。可変性のある住まいは、今も将来も家族に最適な間取りにできます。

慎重に慎重を重ねてつくったハイムの住まい。暮らすほど満足実感

外観にこだわるご主人様、内装にこだわる奥様は、「営業の長岡さんがよくつきあってくださいました(笑)」とおっしゃるほど、何度も何度もプランを練り直し、お二人で本当に家づくりを楽しまれたそうです。「安い買い物ではないですから、後悔したくないし、こだわらなくちゃもったいない」とご主人様。お二人でインターネットでローンについて調べたり、家具や家電を選んだり、遠方まで家具や設備を見に出かけたりしたそうです。
セキスイハイムにされたご感想は、「外観や間取り、実際の暮らし心地に大満足しています。また将来的な外観や設備のメンテナンスの負担が軽いのもいいと思います」。庭での家庭菜園も考え中。この家に暮らすことを満喫されているご夫妻です。

photo

2階踊り場にあるニッチにはお気に入りのアートを飾っています。ちょっとしたアクセントを加えてシンプルな空間を引き立たせる。ご夫妻のセンスの良さが感じられます。

入居邸見学会のページはこちら

関連実例

  • Facebook
  • 採用情報
  • 商品ラインアップ
  • 展示場ギャラリー
  • ニュースレター
  • 虹色ハイム
  • かげやまモデル
  • 工場見学動画
  • セキスイファミエス
  • 中四国セキスイハイム不動産
  • アパート経営土地活用サイト
  • セキスイハイムにお住まいの方
  • Youtube
  • アミーゴ