建築実例

photo

岡山県/K様邸

光熱費ゼロで家事を楽にする
工夫にあふれた
タイル外壁の美しい木の家

photo

「営業の門脇さん(左)には、気を使わずに何でも言えました。要望に対していろいろな提案をしてくれて、とても感謝しています」とS様。
タイプ ドマーニBR
家族構成 3人家族:ご夫婦、お子様
1F床面積 78.86㎡(23.85坪)
2F床面積 59.52㎡(18.0坪)
延床面積 138.38㎡(41.85坪)
機器設備 太陽光発電 5.63kW
スマートハイム・ナビ、蓄電池7.2kWh、快適エアリー、オール電化

photo 汚れがつきにくく、メンテナンスがいらないBR外壁なので、希望していた白の外観を躊躇せずに選べました。

間取り

大きな吹き抜けから家族の気配が伝わる
明るく開放的な住まい作り

のびのび子育てができる大空間の家づくりをかなえた
ハイムの快適機能

ご実家でご両親と同居されていたS様は、2歳の娘様に続いて新しい家族が増えることとなり、のびのびと子育てできる環境をと新築を計画。「どこにいても家族の気配を感じられる、開放的な大空間のある家に」というご希望があったものの、それを実現するには光熱費がネックになっていたと言います。セキスイハイムを選ばれた決め手は、気密性や断熱性にすぐれているだけではなく、太陽光発電や蓄電池、スマートハイム・ナビなどの省エネの最新システムを提案していたから。またハウスメーカーが提案している全館空調のなかで、セキスイハイムの快適エアリーの機能やシステムに一番魅力を感じられたそうです。

photo

奥様のリクエストで、ナチュラルな雰囲気にまとめたダイニング。
一角にはカウンターをしつらえ、パソコンやお子様の勉強に使えるようにしました。

吹き抜けの開放感と明るさが印象的な、
明るいリビングダイニング

S様のご要望を受け、1階・2階を通じて家族の気配を感じながら声を掛け合えられるようなプランを考え、リビングの上部を吹き抜けにしました。大きく取った吹き抜けのおかげで、東南の大きな窓からは光がたっぷり入り、開放感が広がります。明るいリビングを眺めながら食事を楽しめるダイニングも特別な雰囲気に仕上がり、ご家族みんなの居心地の良い空間となりました。

  • photo

    リビングの上に作った、約6畳大の吹き抜けを通じて、1階と2階にいる家族の気配が伝わります。

  • photo

    日当りの良いリビングは、2歳のお子様の格好の遊び場所。快適エアリーで冬もあたたかな空間。

リビングダイニングや和室が見渡せる
キッチン中心の間取り

奥様が台所仕事をしながら遊んでいる子どもたちを見守れるようにと、キッチンを中心に1階のレイアウトを考えたのがS様邸のポイント。リビングダイニングはキッチンの正面に。一角に作った和室は、フルオープンできるスライドドアでLDKとひとつながりの空間にしました。お子様の遊び場や客間として、フレキシブルに使うことが可能です。

photo

2方向のスライドドアが全開し、LDKと自然につながる、明るい雰囲気の和室。

  • photo

    正面に設えた飾り棚で、可愛らしく演出した玄関ホール。

  • photo

    玄関横には、おでかけ収納を設けたので、忙しい朝も身支度がスムーズにできます。

ライフスタイルに合わせて、2階の空間活用に工夫を

共働きのS様ご夫婦。家事効率を上げる工夫も住まい計画に盛り込み、奥様たってのご希望で廊下の一角に洗濯物を干せるサンルームを設けました。天候に左右されず、室内で洗濯を干すことが可能になりました。
主寝室は濃い色調のフローリングや、それに合わせた木調クロスを壁の一面に貼り、シックでホテルライクな雰囲気に。子ども部屋は将来、2つに分けて使えるようにしました。

  • photo

    天候に左右されずに洗濯物が干せる2階南側のサンルームは、奥様のたっての希望。セカンドリビングとしても使えます。

  • photo

    明るくナチュラルな雰囲気の家のなかで、
    主寝室だけはホテルライクな落ち着いた雰囲気にまとめました。

photo

今は遊び場所として広々と使っている子ども部屋は、将来中央で2つに分けることもできます。

最新のシステムを導入し開放的な空間でも、
光熱費の心配がいらない快適な暮らしを実現

開放的な空間づくりにのしかかる
光熱費の課題もハイムの家で解消!

ご両親と同居されていたご実家は断熱性が低く、冷房や暖房にとてもコストが掛かっていた経験から、S様は光熱費にも高い関心をお持ちでした。セキスイハイムの家を提案する過程では工場見学にもご案内。そこで、ご自身の目で断熱性や気密性の良さを確認できたことも、今回の家づくりの決め手になったそうです。実際、冬の雪の日にエアコンを使わなくても、常に10℃くらいの室温があったとか。

photo

5.63kWの太陽光発電パネルを設置。黒い屋根にすっきりとなじんでいます。

太陽光発電や蓄電池の装置を導入で、
いざという時にも心強く

近年の日本のエネルギー問題や長期的に見た光熱費のコスト削減を考慮して、「家を建てるならぜひ導入したい」という思いから、S様邸では太陽光発電と蓄電池を採用されています。ソーラーの自立発電や蓄電池があればいざというときにも安心です。

photo

「蓄電池(e-Pocket)を導入したので、停電などの際でも安心です」とS様。
太陽光発電と合わせて導入して、省エネ効率を高めました。

光熱費にかかる実際の経済効果は?

12月の入居から3カ月経った頃、S様に経済効果をおたずねしたところ「実家での暮らしは大人数だったので、比較するのが難しいところ」と前置きしながらも、家の広さと開放的な間取りから考えて、真冬の光熱費の安さには驚かれたご様子。1月の電気代は1万1千円で、売電が6000円。実質支払額は、なんと5000円と少ない負担に!
また、スマートハイム・ナビの活用からも節電対策が着々。発電や蓄電の推移、電力消費量がリアルタイムにわかるため、「洗濯機を使う時間を調整する」などのちょっとした工夫につながっています。晴れの日はぐんぐん発電量が上がるので「チェックするのが楽しみ」とも。日照量の増えるこれからの季節を楽しみにしておいでです。

エアコンより快適な快適エアリーの使い心地?

開放的な家で快適に暮らすには、家中で温度差のない空間を実現してくれる空調システムが重要になります。第一種換気を満たすハウスメーカーはあるものの、冬場は床暖房が必要など、なかなか満足のいくものに出会えませんでした。1年を通じて納得できる全館空調を提案したのがセキスイハイムだったそうです。「快適エアリーは足元からあたたかい」というご感想は多くのお客様から聞かれますが、S様もそんなお一人。「エアコンよりも断然快適」という嬉しいご感想をいただきました。

photo

「スマートハイム・ナビのおかげで、節電意識が高まりました」とS様。光熱費をこまめにチェックしているそうです。

最新システムをトータルにまかせて
安心して長く暮らせる住まい

女性視点の営業サポートで住まいやすいアイデアをふんだんに
今回の営業を担当した門脇は、女性ならではの視点を活かした使いやすい住まい作りのサポートで、S様ご夫婦の厚い信頼にもつながりました。省エネや空調に関するシステム、家の設計、工事まで、トータルに任せていただけるのがセキスイハイムの良さ。何かあったときの窓口が一本化しているため、S様にも安心していただけたようです。

photo

汚れがつきにくく、メンテナンスがいらないBR外壁なので、希望していた白の外観を躊躇せずに選べました。

システム、間取り、最新機能で
家族が安心して暮らせる住まいが完成

高い耐震性、気密性、断熱性に加え、省エネを実現するシステムで、開放的な間取りでも、経済的で快適な暮らしを実現されたS様。何よりも、最新の設備を備えたことで、家族と一緒に暮らすこれからの長い時間を安心して迎えられるという喜びの声が寄せられました。

  • photo

    営業の門脇からの提案で、玄関には大きめのポーチをつけました。雨の日は駐車場まで濡れずに行けるので、助かっているそう。

  • photo

    ステンレス色のドアで、すっきりした印象に仕上げた玄関。

入居邸見学会のページはこちら

関連実例

  • Facebook
  • 採用情報
  • 商品ラインアップ
  • 展示場ギャラリー
  • ニュースレター
  • 虹色ハイム
  • かげやまモデル
  • 工場見学動画
  • セキスイファミエス
  • 中四国セキスイハイム不動産
  • アパート経営土地活用サイト
  • セキスイハイムにお住まいの方
  • Youtube
  • アミーゴ