建築実例

photo

山口県/K様邸

ライフスタイルに合わせて
冷暖房をコントロール。
自然にゼロ・エネルギーに。

photo

タイプ bj
家族構成 4人家族(ご夫婦・お子様2人)
1F床面積 61.72㎡(18.67坪)
2F床面積 57.41㎡(17.36坪)
延床面積 119.13㎡(36.03坪)
設備機器 太陽光発電6.14kW、HEMS、快適エアリー、エコキュート

photo

間取り

陽射しがたっぷり入るので日中は暖房いらず。
HEMSも毎日外出先でチェックしています

HEMS「スマートハイム・ナビ」のデータによると、Kさま邸の消費電力量は年間を通じてハイムの平均値より少なく、冷暖房を上手くコントロールされています。そこで普段の冷暖房の使用パターンをご夫妻にお伺いしたところ、冬場は朝6時に快適エアリーをタイマーでオン。ご主人が出勤された後、家事をなるべく8時までに終わらせ、タイマーをオフにするそうです。
「寒い日はまた快適エアリーをオンにすることもありますが、晴れていると陽射しがたっぷり入るので必要ないですね。日中は子どもたちがお出かけしたがるので、週に3日は外出しています。夕方帰宅してまた快適エアリーをオンにし、そのまま就寝時間の夜9時までつけています」
奥さまが規則正しい暮らしぶりをご説明されると、ご主人も「1日1回スマホでHEMSを見るんですが、その日の家族の様子がよくわかりますよ」と笑顔でおっしゃいます。「日別のグラフを見ると、在宅しているかどうか一目瞭然です(笑)。専用機器・部屋別のグラフでどの家電製品が稼動しているのかもわかりますしね。自宅周辺の天気も、発電量の変化を見れば陽射しが雲で陰ったことまでわかります」
どうやら、ご主人にとってHEMSは発電量を見る楽しみだけでなく、ご家族を見守るツールでもあるようです。

photo

南側の窓からリビングと和室へ陽射しが降り注ぎます。取材に訪れた日は真冬の2月でしたが、暖房なしで室温は25.3℃まで暖まっていました。

photo

平日は毎日仕事先からスマホでHEMSをチェックするのがKさまの習慣。

この家には足元の冷やっとした寒さがありません

ほかにもHEMSのデータを分析すると、夏場の消費電力がよく抑えられていることがわかります。これはKさま邸が風通しのいい敷地にあり、冷房をあまり使う必要がないため。一方、2014年の冬からご家族4人で眠る間はエアコン・加湿器・空気清浄機をつけっぱなしにするようになったので、2階の主寝室の消費電力量は増加したとか。それでも快適性優先で過ごせるのは、優れた創エネ性を誇る大容量ソーラーを搭載しているおかげです。
ご近所やママ友との交流が多い奥さまも、「よそのお宅に遊びに行くと、わが家が暖かくて快適なことがよくわかりますね。キッチンまわりにも足元にも冷やっとする寒さがありません。ママ友が遊びに来ると、“あったかいね”と言って、よく子どもの服を1枚ずつ脱がせてますよ(笑)」

photo

2階の主寝室の奥には、書斎コーナーとウォークインクローゼットが。4人分のお布団もすっきり収納できます。

  • photo

    「アパートや実家に比べて寒さがないので、子どもたちの入浴やトイレトレーニングもゆっくりできます」(奥さま)

  • photo

    奥さまはもっぱら太陽光発電のモニターで消費電力量をチェック。快適エアリーとエアコンの消費電力量もここで比べることができました。

花粉症がラクになったのはハイムだけでした

Kさまご夫妻がハイムで新築を検討しはじめたのは、初めて展示場を訪れたとき、ご主人の花粉症がラクになったと感じたことがきっかけでした。
「私は毎年2月から夏まで花粉症がひどくて、外ではマスクをつけ、薬もずっと飲んでいます。今も外ではマスクと薬が手離せませんが、家では大丈夫。換気システムの高性能なフィルターが花粉をブロックしてくれていると感じます。これは他社の展示場では感じなかったメリットですね」
Kさま邸の地域では、黄砂の時期にクルマにうっすら黄色い粒子が積もります。PM2.5の数値も毎朝のTVニュースで報道されますが、ハイムにいれば安心感があるとおっしゃいます。
また、太陽光発電の実績が飛び抜けており、営業担当の説明がわかりやすかったこともハイムに惹かれた理由でした。
「太陽光発電を採用されるお宅は今ほど多くありませんでしたが、載せられるだけ載せたほうがいいと勧められ、6.14kWに。予想以上に売電が多くて、入居前の光熱費シミュレーションを上回る実績です」
6.14kWの太陽光発電が生み出す売電代は2014年で約23万円。買電代が約9万円ですから、日中にご家族3人が在宅されているにもかかわらず、約14万円のプラス収支です。この発電量の多さがゼロ・エネルギー化の大きな原動力になりました。
「でもゼロ・エネルギー住宅という言葉も初めて聞くほどで、これといって省エネをしているつもりはないんですよ。快適に暮らして自然にゼロ・エネルギーになるのがハイムなんだと思います」

photo

photo

3歳と1歳のお子さまは元気いっぱい。いつでもどこでもママやパパに話しかけ、とってもにぎやかです。

入居邸見学会のページはこちら

関連実例

建築実例のトップに戻る

  • Facebook
  • 採用情報
  • 商品ラインアップ
  • 展示場ギャラリー
  • ニュースレター
  • 虹色ハイム
  • かげやまモデル
  • 工場見学動画
  • セキスイファミエス
  • 中四国セキスイハイム不動産
  • アパート経営土地活用サイト
  • セキスイハイムにお住まいの方
  • Youtube
  • アミーゴ